Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

older | 1 | .... | 17 | 18 | (Page 19) | 20 | 21 | .... | 42 | newer

    0 0
  • 06/27/13--17:00: 新宮原古墳
  • 新宮原古墳が在った辺り
     墳形や規模は不明、すでに消滅しています 撮影日;2013.06.23

     當麻山口神社の参道石鳥居の北側30mの場所に在りました
     遺跡地図の「13A-5」です

     竹藪開墾中に発見され、須恵器(台付長頸壺)と石棺の一部が有りました
     近所の民家に出土品の一部と組合式石棺が保存されているようです

    発見当時の石棺 石棺は凝灰岩製で4枚の底石と6枚の側石、2枚の天井石からなっていたようです
     復元した大きさは、長さ2.25m・幅0.85m
     櫟山古墳の石棺と近似しているとの事
     現存するのは、底石3枚・側石1枚・蓋石1枚です
     
     民家の井戸枠に組み込まれている凝灰岩の板石も石棺の一部らしいです
     築造は6世紀後半と見られます

    ★所在地;葛城市染野 
    ★交通;近鉄当麻寺駅下車 徒歩15分
    ★駐車場;当麻寺奥院のPがすぐ横に有ります
    ★入場料;墳丘は有りません
    ★問合せ;


    0 0
  • 06/28/13--17:00: 島ノ山1号墳
  • 島ノ山古墳石棺
     組み合せ式家形石棺が葛城市歴史博物館のエントランスホールに展示されています 撮影日;2013.06.23
     
     新庄ゴルフセンター造成により消滅しています
     遺跡地図の「13D-219」です
     一辺南北約16m・東西約12mの方墳でした
     両袖式の横穴式石室と二つの竪穴式小石室が有りました

     遺物;土師、須恵、鉄製品、瓦器、埴輪、石帯(方)、勾玉

     横穴式石室は全長9.2m
     玄室長3.9m・幅2.3m・高さ2.9m、羨道長5.3m・幅1.3m・高さ1.8m

    島ノ山遺物 島ノ山石棺内 新庄ゴルフセンター

     すぐ西側には2号墳「13D-425」が在りました
     全長約17mの帆立貝式古墳
     後円部径約10m・前方部幅約5m
     遺物;須恵、埴輪(円筒・形象)、鏡、眉庇付冑

    ★所在地;葛城市山田字小島ノ山321
    ★交通;近鉄忍海駅下車 徒歩20分
    ★駐車場;有ります
    ★問合せ;0745-69-7756(新庄ゴルフセンター)、0745-64-1414(葛城市歴史博物館)


    0 0
  • 07/11/13--21:56: 青葉滝
  • 青葉滝
     青葉神社の境内奥に有る滝です 撮影日;2013.07.08 

     落差8m程の段瀑
     ごつごつとした岩肌を流れ落ちてきます
     滝壺は、けっこう深そうです

    青葉滝口 青葉滝壺
     境内林道を2分ほど進むと滝前にでます
     蜘蛛の巣が多いのには閉口しました

    ★所在地;宇陀市室生下笠間
    ★交通;近鉄室生口大野駅より 室生北部線バスで下笠間下車 徒歩20分
    ★駐車場;有ります
    ★入場料;見学自由
    ★問合せ;

     下笠間集落内の九頭神社から、少し北へ進むと青葉滝への看板が有ります


    0 0
  • 07/12/13--17:00: 鎌倉の滝
  • 鎌倉の滝水流
     小さいですが、水量豊富で勢いのある滝です 撮影日;2013.07.08

     落差は5mほど
     滝の右上に不動明王像が祀られ、信仰の滝であることが分かります
     滝の正面の岩肌にも不動明王が彫りこまれています

    鎌倉の滝 鎌倉の滝壺

     鎌倉の滝と呼ばれるのは、滝の左前面の岩肌に『鎌倉幕府 北条時頼公参籠所旧蹟』の苔むした魔崖碑が有ることによるようです
     こんな山里奥に、鎌倉幕府の5代将軍が本当に来たのでしょうか??? 

    鎌倉の滝横の不動 鎌倉の滝磨崖碑 鎌倉の滝前不動

    ★所在地;宇陀市室生三本松
    ★交通;近鉄三本松駅下車 徒歩20分
    ★駐車場;スペース有り 下車後 徒歩5分
    ★入場料;見学自由 (足元注意)
    ★問合せ;

     駐車スペース前の池
     鎌倉の滝前の池 


    0 0
  • 07/13/13--17:00: 誓多林滝不動
  • 誓多林滝不動
     地元の信仰の滝前に不動明王が祀られています 撮影日;2013.07.08 

     岩肌に石龕を造り、中央に不動明王像
     左に役行者像、右に椅子に座ったお坊さんが彫りこまれた石像が有ります
     このお坊さんは誰でしょうか?

     滝不動の滝は、落差は3mほどの小滝です
     白砂川の支流のようです

    誓多林不動の滝 誓多林不動滝

    ★所在地;奈良市誓多林町
    ★交通;JR・近鉄奈良駅より バスで日笠町下車 徒歩25分
    ★駐車場;1km程西に有る八柱神社(中誓多林)にP有り
    ★問合せ;


    0 0
  • 07/14/13--17:40: ハタノ滝
  • ハタノ滝
     影媛ゆかりの「布留の高橋」の下に有る小滝です 撮影日;2013.07.10 

     「布留の高橋」は豊田町と布留町と内馬場町の境にあり、山辺の道沿いで布留川に架かります
     ハタノ滝は支流から本流へ流れ落ちる落差4〜5mの直瀑です

    ハタノ滝の谷 ハタノ滝口

     この辺りの布留川は、深い谷となって流れています
     周辺は希少生物、モリアオガエルとコメホタルの生息地です
     橋の上から、木立ちの合間に滝が見えます

     橋の北東側に谷へ降りる坂が有ります
     途中が崩れていて、梯子が架けられています

    布留の高橋 ハタノ滝梯子

    ★所在地;天理市豊田町・布留町・内馬場町
    ★交通;JR・近鉄天理駅より バスで石上神宮前下車 徒歩10分
    ★駐車場;石上神宮のPより、およそ500m
    ★入場料;見学自由
    ★問合せ;


    布留川
     (日本書紀歌謡 94)
     石上 布留を過ぎて 薦枕 高橋過ぎ 物多に 大宅過ぎ 春日 春日を過ぎ 嬬籠る 小佐保を過ぎ 玉笥には 飯さへ盛り 玉椀に 水さへ盛り 泣き沽ち行くも 影媛あはれ
     (万葉集 巻12-2997 柿本人麻呂) 
     石上 布留の高橋 高々に 妹が待つらむ 夜そ更けにける

    0 0
  • 07/16/13--17:00: 龍口不動滝
  • 龍口不動滝
     宇陀川支流阿清水川にかかる滝です 撮影日;2013.07.10

     かなり深い谷に有り、最近は地元の方も行かないそうです
     下部の直瀑部分、上部の傾斜の緩い斜瀑部分、二段に分かれて落ちる段瀑です
     下部は落差5mほど、広い谷に流れ落ちています
     上部の斜瀑も数段に分かれ、10mほど有りそうです

    龍口不動滝下段 龍口不動滝上段

     滝の正面の岩棚に、不動明王の種字の書かれた石碑が祀られています

     谷へ降りる道は、崩れて(無くなって)いるのでロープが有るとよいと思います

    龍口不動滝壺 龍口不動滝檀 不動尊

    ★所在地;宇陀市室生龍口
    ★交通;近鉄三本松駅より 約4km
        名張ほっとバス「室生龍口」下車 徒歩25分
    ★駐車場;なし
    ★問合せ;

     上流200mほどの所に陀羅滝と倶呂滝が有ります


    0 0
  • 07/17/13--18:35: 陀羅滝と倶呂滝
  • 陀羅滝
     龍口大滝とも呼ばれるようです 撮影日;2013.07.10 

     陀羅滝 は総落差20m程の、比較的静かな斜瀑です
     迫力は有りませんが、見上げる流れは感動ものです

    陀羅滝下段

     倶呂滝は、数段に分かれて落ちる段瀑です
    倶呂滝
     落差は15m程
     水量の多いときは、豪快で迫力があるそうです

    倶呂滝下段 倶呂滝上段

    ★所在地;宇陀市室生龍口
    ★交通;近鉄三本松駅より 約4km
    ★駐車場;集落の夫婦側林道分岐の橋付近にスペース有り
    ★入場料;見学自由 (少し危険をともないます)
    ★問合せ;

     不動滝から阿清水川沿いを遡っていきます
     手前(下流)に15mほどの滑滝があり、上っていくと左に 陀羅滝・右に 倶呂滝が見えます
    龍口滑滝
     (水量の多い時は、滑りやすいので注意 流木も多いです)


    陀羅滝と倶呂滝

    0 0
  • 07/18/13--19:24: 平井医院(五條市)
  • 平井医院
     国の登録有形文化財(建造物)です 撮影日;2013.07.14 

     市内を走る国道24号線沿いに屋敷が有ります
     主屋は敷地中央にほぼ南面して建っています
     上棟幣束より安政2年(1855)の建立とわかっています

     主屋の後方の屋敷の北辺沿いに建つ土蔵の安政2年建立です
     表門は長屋門形式の門です

    平井医院の主屋 平井医院の門
     文化財指定は2002年8月です

    ★所在地;五條市今井4-1-16
    ★交通;JR五条駅下車 徒歩15分
    ★駐車場;なし
    ★見学;許可を得た方がよいでしょう
    ★問合せ;0747-22-4001(五條市役所)


    0 0

    青少年旅行村バンガロー
     天の川沿いにはキャンプ場がたくさん有ります 撮影日;2013.07.14

     川遊びや魚釣り・アマゴのつかみ取りなどが楽しめ、グループ・家族づれでにぎわっています
     夏の涼しさはもとより、10月下旬からの、紅葉の美しい自然に恵まれたキャンプ場です

    天の川水遊び 天の川青少年旅行村看板

    ★所在地;吉野郡天川村庵住
    ★交通;五條市大塔町坂本左折(県道53号線)約20分
    ★駐車場;有ります
    ★入場料;大人400円、小人200円
     テントサイト使用料:3000円〜7000円
     バンガロー:10000円
     コテージ(ログハウス)1棟:20000円〜50000円
    ★チェックイン;13:00〜17:00
    ★アウト;11:00
    ★問合せ;0747-65-0033

     近くに「天川薬湯センターみずはの湯」が有ります


     参照;天の川青少年旅行村ホームページ
    天の川青少年旅行村

    0 0
  • 07/21/13--11:02: 天の川不動滝
  • 天の川不動滝
     県道から眺められる滝です 撮影日;2013.07.14

     落差は40mほど有ります
     小さな支流から天の川に流れ落ちています

    上部 下部
     谷をさかのぼると、岩穴の中に弘法大師が彫ったと伝わる仏像の形をした自然石があるそうです
     (『白井谷の仏棚』と呼ばれます)
     そのことから、土地の人は『お不動さん』と呼び、滝の名も『不動滝』となったといわれています
     昔、大峯から高野山へ御参りする人は、このお不動さんに御参りしたといわれています(かなりの難所みたいです) 

    ★所在地;吉野郡天川村広瀬
    ★交通;JR五条駅より バスで阪本下車 東へ約6km
    ★駐車場;スペース有り
    ★入場料;見学自由
    ★問合せ;


    国道から見える天の川不動滝

    0 0
  • 09/11/13--17:00: 吉田墓の地蔵堂
  • 吉田墓跡
     地蔵石仏3体が納められる小堂です 撮影日;2013.09.07

     舟形光背の石に地蔵菩薩立像が半肉彫りされています
     いずれも江戸時代初期から中期頃の作と思われます

     横に昭和9年建立の『吉田山城守義辰(よしとき)一族墓』の石碑が建っています
     戦国時代の川合城主とその一族の墓地跡との伝承がある場所だそうです

    吉田墓の地蔵 吉田墓の地蔵

    ★所在地;北葛城郡河合町穴闇字ヒヨ
    ★交通;近鉄池部駅下車 徒歩10分
    ★駐車場;なし
    ★入場料;見学自由
    ★問合せ;


    0 0
  • 09/12/13--17:00: 斑鳩甲塚古墳
  • 甲塚古墳
     藤ノ木古墳の西200mほどの所に有ります 撮影日;2013.09.07

     小山が錦ヶ丘住宅に取り込まれるように有ります
     遺跡地図の「7D-141」です
     径30mほどの円墳、または斜面に築かれた径10mほどの円墳かも
     発掘はされてなく詳細不明です
     墳丘の南側に石材が見えています(石室とは関係なさそうですが)

     名称は、聖徳太子の孫・甲可王(こうかおう)の墓との伝承からだそうです
     甲可王は山背大兄王の子とされますが、実在の人物かは不明です
     築造は7世紀初め〜中頃でしょうか?

    甲塚古墳遠景 甲塚古墳石材 

    ★所在地;生駒郡斑鳩町龍田北1-11
    ★交通;JR法隆寺駅より バスで「斑鳩町役場前」下車 徒歩8分
    ★駐車場;藤ノ木古墳のPより 3分
    ★入場料;立ち入りはできません
    ★問合せ;


    0 0
  • 09/15/13--17:00: 宇賀志の庚申塚
  • 宇賀志の庚申像
     劇画っぽい乙女チックな目をした庚申さんです 撮影日;2013.09.14

     邪鬼を踏みつけた青面金剛の石像です
     
     カヤの木の根元の小さな塚です
     石龕を組んでその中に石像を安置しています

    宇賀志の庚申塚 邪鬼

    ★所在地;宇陀市菟田野宇賀志
    ★交通;近鉄榛原駅より バスで「宇賀志」下車 徒歩*分
    ★駐車場;なし
    ★入場料;見学自由
    ★問合せ;

     宇賀神社のすぐ近くに有ります


    宇賀志の庚申塚

    0 0
  • 09/16/13--17:00: 岩端の歯痛地蔵
  • 岩端の歯痛地蔵石仏
     苔むした丸い自然石の表面に彫られた魔崖仏です 撮影日;2013.09.14

     像高30cmほどの両手で宝珠を持ったお地蔵さん
     巨石に舟形光背をくり抜き、地蔵菩薩の立像が半肉に彫られています
     
     染谷川沿いを通る染谷越の旧道です
     小さな六字名号碑の左手、川の側に有ります
     道沿いには建物跡の石垣が残り、往古は賑わいのある道だったのでしょう

    歯痛地蔵前 地蔵魔崖仏

     伊勢湾台風以前は右隣の梅の木の下に石の祠があり、小さい石仏が安置されていたそうです
     この石仏を信仰すると歯痛が治ると言われていました

     土地の人々は歯が痛むとここに参り、お礼参りには大豆でも食べられるようになりましたと黒大豆を供えるそうです 

    ★所在地;宇陀市菟田野岩端
    ★交通;近鉄大阪線「榛原」駅より バスで「岩端」下車 徒歩15分
    ★駐車場;なし
    ★入場料;見学自由
    ★問合せ;


    名号碑 旧街道の緩い坂道を歩いていくと、小山の麓に小さな六字名号碑が見えてきます
     そのすぐ左、川の流れるほうへ行くと歯痛地蔵が有ります


    0 0

    安堵町歴史民俗資料館5
     地元の方々から提供された貴重な品々が展示されています 撮影日;2013.09.07

     平成5年(1993)10月に開館
     江戸時代から代々村の庄屋役などをつとめた今村邸を改装した建物です
     表門・茶室・母屋・蔵・庭園からなっています
     茶室 は弘化4年(1847)の建造です

     今村氏に関する資料や、町の伝統産業である灯芯ひきに関する民俗資料を常設展示により公開
     テーマごとに期間を設けて特別展示が行われます
     廃線となった、天理軽便鉄道の模型も有ります(天理軽便鉄道跡

    庭園の枝垂桜 天理軽便鉄道の模型

     今村氏については、幕末から近代にかけての文吾(1808〜1864没)と勤三(1852〜1924没)を中心とした資料が公開
     天誅組や伴林光平との関わりや、奈良県再設置運動の資料をとおして近代化を実現させた姿を見ることができます

     綺麗な庭園も有ります

    ★所在地;生駒郡安堵町東安堵1322
    ★交通;JR法隆寺駅より 「かしの木台1丁目」行きバスで「農協前」下車 徒歩3分
    ★駐車場;有ります(無料8台)
    ★入館料;大人200円
     茶室は利用できます(1回5000円)
    ★休館日;火曜日、12月27日〜1月5日
    ★開館時間;9:00〜17:00(入館は16:00まで)
    ★問合せ;0743-57-5090


     参照;大和路アーカイブ 奈良県観光情報のページ

    0 0

    子もうけ石
     手水石として使われています 撮影日;2013.09.14

     下の台が陽石(男性)で、上に乗っている鉢石が陰石(女性)です
     夫婦でこの石を撫でると子宝が授かると云われています

     この辺りは大昔は海で、この石は噴火により突出したものと考えられています
     地層が海底の状態であった名残として沢山の化石を含んでいるそうです
     化石に小石が入ってるので「子もうけ石」と言われています

    陽石 陰石 

    ★所在地;宇陀市菟田野宇賀志1096
    ★交通;近鉄榛原駅より バスで「宇賀志」下車 徒歩20分
    ★駐車場;なし
    ★入場料;見学自由
    ★問合せ;


    0 0
  • 09/19/13--17:00: 濡れ地蔵魔崖仏
  • 濡れ地蔵魔崖仏
     室生ダムの水位が上がると水没するそうです 撮影日;2013.09.14 

     以前は山から滴る水で常に濡れていたので濡れ地蔵と呼ばれていました
     地蔵山の岩に彫られています

     鎌倉時代中期の建長6年(1254)銘の貴重な在銘磨崖仏です
     高さ 184cm・ 像高 136cm
     安山岩の岩肌に舟形に彫りくぼめ、右手に錫杖、左手に宝珠を持つ地蔵菩薩立像を半肉彫りしています
     両脇下方に閻魔王(左)と太山王(右)が線刻されているそうです

    濡れ地蔵 濡れ地蔵への参道

     排檀上の石灯籠には天保6年(1835)銘が有ります

    ★所在地;宇陀市榛原山辺三
    ★交通;近鉄榛原駅より バスで「山辺」下車 徒歩6分
    ★駐車場;有ります(無料)
    ★入場料;見学自由
    ★問合せ;


    0 0
  • 09/20/13--17:00: 上芳野の庚申さん
  • 上芳野の庚申さん
     辻の地蔵堂脇に有ります 撮影日;2013.09.14

     地蔵堂脇の斜面に切石を組み揚げ石龕を造って祀ってあります

     お地蔵さんのような庚申の青面金剛石仏です
     六臂の内二肢は腰から直に手首が出ています
     古いものではなさそうですが、とても個性的です 

    青面金剛石仏 辻の地蔵堂

    ★所在地;宇陀市菟田野上芳野
    ★交通;近鉄榛原駅より バスで「松井橋」下車 東へ2.5km
    ★駐車場;スペース有り
    ★入場料;見学自由
    ★問合せ;


    0 0
  • 09/22/13--17:00: 岡の立石
  • 北から見た立石
     自然石で加工の痕跡はないようです 撮影日;2013.09.18

     明日香には『立石』と呼ばれる謎の大きな自然石が有ります
     その一つです

     高さは3mほど
     北側に回り込むと、石積み基檀が見られます
     岡の立石は何かを埋めた、塚かもしれないですね 

    東から見た立石 南から見た立石

    ★所在地;高市郡明日香村岡(岡寺「龍蓋寺」の裏山)
    ★交通;近鉄橿原神宮前駅より バスで岡寺下車 徒歩10分
    ★駐車場;有ります
    ★入場料;タダです(自己責任)
    ★問合せ;

     少し場所が分かりづらいです
     民営駐車場から登ってくると岡寺山門と治田神社を結ぶ道に出ます
     三差路の山門側に細い登り道が有ります
    登り口 手前の木標
     (危険につき、進入ご遠慮くださいと書かれています)
     細い山道を200m(6分)ほど登って行きます
     途中笹薮が生茂って道が分かりづらいところもありますが、ほぼ一本道です
     「岡の立石」の木製標識を左に10m進むと木立の中に立っています


older | 1 | .... | 17 | 18 | (Page 19) | 20 | 21 | .... | 42 | newer